転職 30代大歓迎の転職専門サイト

30代にもっとも人気のある転職サイトはこちら!

数多くの転職者が愛用する定番転職サイト

レジュメ登録することであなたに興味を持った企業からオファーが届く!
転職活動に時間を割けない方に人気です



リクナビNEXTの口コミ評判:

リクナビNEXTはさすが中高年の転職希望者と企業とのマッチングに定評のある転職サイトだけあり、登録してすぐにオファーがあった。40代の求人情報が豊富らしく、自分の希望に合った求人をいくつかと、非公開求人を紹介された。(30代 男性)



転職するにあたり家庭の制約があるために、転職しようかどうかと思っていたので思い切って登録してみました。すると、レジュメで就業希望時間や職種など条件を伝えただけで、すぐに案件を紹介してくれて助かりました。(30代 女性)



首都圏などの都心部では多くの求人はありますが、私は地方にいるので、地方求人も豊富に掲載されていて助かりました。しかも地方であり40代にもかかわらず、自分が希望していた職業に就くことができて良かったですね。(30代 男性)



ここの掲載された案件は、年齢要綱が幅広いので、興味がありエントリーした。ところが面談設定など、担当者からの連絡が遅い。しかも、求人を紹介しておいて応募の有無、書類通貨の連絡がまったく無いケースが多くこちらから連絡しないと合否がわからない。しかし、数か月ごとに案件を送ってくるから40代の案件もあるようだ。(40代 男性)



このサイトは40代の転職にも強いサイトだといわれていたので、登録してそのサイトの中の興味がある求人に申し込みをしてみたが実際の対応は「現在、ご紹介できる案件がない」とメールで断られただけ。40代以上だと面談カウンセリングさえもしてくれないので、40代以上の求職者は登録するだけ時間の無駄になるサイトだ。(40代 男性)


 

 

日経就職ナビは日経の新卒者向けの就職情報サイトです。日経ならではの信頼できるニュースや情報を有効活用し、就職に役立つ情報を取り揃え、就職活動者を全面的にバックアップします。企業の求人数も多く、会員登録することでサイトからエントリーや説明会申し込みなどが行えます。また、就職活動のためのお役立ち情報を無料で提供してもらえます。

 

日経就職ナビを利用するメリット

  • 新卒者を対象とした未来のある企業の求人が豊富である
  • 就職対策コンテンツが充実しているので、就職活動に行き詰った時でも安心
  • 各社のブログのアクセスランキングが閲覧できるので動向が把握できる。
  • 会員登録することでイベント情報や日経就職ナビの更新状況が届く
  • モバイル版も充実しているので外出先からでもメッセージを確認することができる
  • お気に入り企業を登録しておけば、企業情報を逐一ゲットできる
  • 日経ニュースが連動しているので、世界情勢に敏感になれる
  • コミュニティが充実しているので会員同士情報交換できる
  • 業種や地域ごとに条件を指定して求人検索できる

 

 

こんな就職希望者にはおすすめ

  • 時代の流れに沿ったトレンド企業への就職を希望する方
  • 未来が有望視される中堅・中小企業への就職を考えている方
  • 同じ志向の仲間と刺激し合うことで自分を高めたい方
  • 外出先からもチェックして求人情報や企業情報を把握したい方
  • 全国各地で開催されるイベント情報の日程等を把握したい方

 

こんな就職希望者には不向き

  • 自分からアクセスして積極的に求人情報をチェックするのが苦手な方
  • 他の就職活動者との交流が苦手で、自分だけで就職活動を進めたい方
  • サイトの更新情報が頻繁に届いたり、それを小まめにチェックするのが苦手な方

 

日経就職ナビの利用方法

求人情報を検索し、応募画面から企業にエントリーします。後日、企業側から選考方法などについての連絡があります。

 

求人情報へ応募するまでの所要時間

  • 約12分〜15分程度です。
  • 応募画面に必要事項を記入して送信すると、企業へエントリーできる仕組みです。

 

 

口コミ・評価

新卒で初めての就職活動ということで、右も左も分からない状態でしたが、日経就職ナビのおかげで情報収集もスムーズで、希望する企業への就職が実現しました。ネット社会と言われる現代の特徴を活かしたサイトで自分にピッタリでした。

就職情報サイトをいろいろ使ってみましたが、日経就職ナビに勝るものはありませんでした。一番良かったのはコミュニティが充実していたのことです。同じ「就職」という目的に向かって頑張る仲間と情報交換できたことは何より励みになりました。

日経就職ナビのおかげで就職活動の基本知識を学ぶことができました。何も分からず始めた就職活動ですが、壁にぶつかったらいつでもサイトに戻って就職対策の基本を確認できるのは心強かったですね。勤務地や職種など希望条件に合わせて求人検索できるので、理想の企業をピックアップすることができました

 

お勧めのサイト

 

30代からの転職は遅くない
30代転職を考えている人に向けて、収入の増減や転職の手順、リスクといった情報から、求人情報までご紹介しているサイト

求人情報を探す手段としてのインターネットの活用

 

 転職のために求人情報を探す場合は、スマートフォンやパソコンでインターネットを探す行動は欠かせないです。理由として、最近では求人の専用のサイトも多いので、求人誌よりも多くの求人情報が掲載されています。

 

 インターネットで求人情報を収集する際に、検索機能などの便宜性が充実している特性があるので、求人誌で探すよりも短時間で求人情報を見つける事ができる事がメリットです。

 

 ほとんどの求人サイトでは、求人に関する企業の概要などの情報も充実しているので、企業に応募する際の情報として転職活動に活用する事ができるのもメリットです。また、応募の際に電話などの手段を用いずに文字の送信機能で応募できる事も有効な転職活動の方法です。

 

求人の情報を公開するサイトでの求人情報の閲覧

 

 求人を探すために便利である求人のサイトは、勤務地などの検索機能が充実してて、求人に関する情報を収集しやすいように見やすく分類されています。例えば勤務地を指定する場合に、駅からの距離や通勤手段などの個人の希望で職場を探す事ができます。スマートフォンを利用する場合は、外出時にどこでも求人情報を入手できるので、インターネットで求人を探す手段として主流になっています。

 

【Pick Up】
20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】
20代の仕事探しを有利に行うためのテクニックとは?

 

インターネットで求人を探す際の注意点

 

 インターネットで求人を探す時は、求人サイトに個人情報を登録して、登録した時のパスワードでログインして、求人を探す流れになっている場合が多いです。特に求人サイトに応募するためには、名前や電話番号などの個人情報を送信する場合があります。インターネットなどで求人情報を利用する場合は、個人情報によるポリシーなどを確認して、情報漏洩などに注意しながら利用します。

続きを読む≫ 2014/09/08 15:51:08

■リクナビNEXTは、大学中退就職OKと条件登録できるので、マッチングした求人情報が送られてきて、とても助かる。職歴はないものの、長くアルバイトを続けているので、そこでの経験を応募書類に盛り込むなど、自分にすぐに実践できるノウハウを提供してもらえるのもうれしい。レジュメのチェックツールを使うことで、採用担当者が重視するポイントが理解できたと思う。(22歳 男性)

 

■リクナビNEXTには、大学の就職課ではお目にかかれない、既卒OKの求人が多いと思います。また、企業が求める資格や経験がわかるランキングなどもあり、自分が希望の業界へ就職するために何が必要かを知ることができます。非公開求人も多いので、希望の就職がかないよう、積極的に応募しています。(23歳 女性)

 

■初めて「既卒」を条件にサイト内検索をかけたとき、求人などそれほどないだろうと高をくくっていた。だが、実際には既卒OKの求人がズラリと並び、その中には興味を持てる仕事が多く、前向きに就職活動しようと思えた。営業志望だったので、興味を持てる企業にはどんどん応募。面接でやる気をアピールし続けた結果、無事に内定をいただくことができた。(24歳 男性)

 

■既卒OKの求人が多いと聞き、リクナビNEXTに登録しました。確かに求人数は多く、毎週水曜日に新着情報が届くし、業種や職種も幅広いです。ですが、サイト内に既卒の就職活動に関するアドバイスが少ないので、職歴があって転職活動を行っている人たちと、同じ土俵で戦えるのか、自信が持てずにいます。(22歳 女性)

■家庭の事情で大学中退を余儀なくされ、一日も早く就職をしなければならなかったので、業界でも実績が高いリクルートエージェントに登録した。キャリアアドバイザーのカウンセリングを受けたとき、正社員雇用してもらえばどこでもいいと考えていた僕に、将来を考えた企業選択をするようにアドバイスされ、信頼できると感じた。紹介してもらった企業に就職したが、プロがマッチングしれくれただけあって、毎日充実している。(21歳 男性)

 転職活動中は、まさに生きた心地がしない状態です。一日でも、いや一時間でも早く次の職場を決めたい。そんな焦りの中、面接に落ちれば落ちるだけ交通費だけどんどんかさんでいく……。そんなサバイバルのなかでも、心がけておきたいことがあります。

 PRECIDENT onlineによると仕事に困らない資格というものが多く掲載されています。現在では通信教育で取得できるものが多く、キャリアアップ、スキルアップに大変重宝していると言えます。

続きを読む≫ 2013/09/26 14:29:26 資格特集

例年になく寒い春の入社でした。
真新しい似合わないリクルートスーツに袖を通し、緊張した足取りで本社へ向かいました。

 

自宅から本社へはおよそ30分のバスの道のり。
期待半分、不安半分というお決まりの気持ちでバスに乗り込みました。

 

1998年入社の私たち新入社員は超氷河期と言われた世代です。
例外なく私も希望していた会社にことごとく不採用通知をいただき、落ち込んでいました。
地元では大手と言われたこの会社。インターネットが今ほど普及していなかった時代、自分の足で情報収集して会社の特徴を調べ、ここが最後、絶対採用をもらってやる、と意気込んで面接を受けました。
結果、その日のうちに2次面接の連絡が来て20倍の難関を突破し、はれて社会人の一歩を踏み出すことができました。

 

 

 

 

 

 

 

私は20代前半にして、会社の下で働く事をしないで、自分で独立して収入を得る事にしました。その理由は、特に学歴もなくてどういう仕事をしたいのかも分からなかったからです。条件を決める時に、いろいろ絞っていきました。

学生時代就活にいそしんでいた私ですが、現役時にもらった内定は0でした。今考えれば、理屈だけの学生なんて雇ってくれる会社なんてそうはないだろうとわかりますが、当時の私としては非常に辛かったという思い出があります。そんな私ですが、たった3か月ある仕事を経験しただけで次の転職活動での内定率が100%になりました。いったいどんな仕事を経験したのでしょうか。

 

 長い間勤めた会社を辞め、転職をし違った雰囲気で仕事をしていると、何故か馴染めずに前の会社が懐かしく思ってしまったりなんて事あるのでないでしょうか。

 

 心機一転環境を変えて商社の仕事をしてみようと思ったが前職場がより良く見えてしまう事。

 転職活動を行う場合、転職準備として応募書類の準備と面接準備が必要になります。30代から50代は、企業の中でも中間管理職や管理職として采配をふるうことが多いため、転職に時間をかけられないのが現実です。一般的に転職経験者の活動状況としては、1カ月で5〜6社に応募するケースが多いようです。しかし、転職を決意し転職エージェントを利用すると、希望条件や書類通過しそうな求人を紹介してくれるため、一度に10社近く応募できる求人がある人もいます。そういう人の場合には、転職活動をはじめて数週間から1か月程度で次の職場が決まるようです。